スタービーチな出会い



BEACH

2007年現在、世界の携帯電話で使用される通信方式はGSMが約7割を占めている。 GSMでは、音声通話サービスはもとより、データ通信サービスの仕様までもが、ほぼ共通化されている。 また、技術的には、SIMカードを交換することにより、通信事業者を変えることが可能である。 このため、端末メーカは最初に世界共通モデルを開発して、必要な場合にだけ、 小規模の特定事業者向けのカスタマイズをするのが主流である。 海外ではひとつの機種でもメーカーの出す業界標準の機能のみを搭載している 「スタンダードバージョン」とキャリア独自のサービスを付加したものの2種類販売されている。 前者はSIMロックがかかっていないため通信方式が同じなら世界中どこでも利用できる。 後者はインセンティブ制度のもと、SIMロックがついて販売されている。 この辺の事情は日本と同じであるが、インセンティブの額は、日本は突出して大きい。 マーケット規模の巨大なGSM携帯電話は、世界規模での大量販売による価格競争が行われ、膨大な出荷台数を獲得している。 [wikipwdia]